カテゴリー: 食習慣

高い美容用品なんて必要なし!?肌荒れを治すなら野菜を食べよう

2019-02-04 13:23:54

肌荒れを治すなら野菜を食べよう

肌のお手入れをしたり薬を塗ったりしても、肌荒れが良くならなくて、高い化粧水など買って試しても、全然良くならないといった場合、食事の取り方を変えるだけで治るかもしれません。

偏った食事などとっていると、肌荒れを起こす人は、結構多いです。

 

コーヒーなどの刺激が強いものなどが肌荒れの原因になっていることがあります。

 

今回は、普段の食事を改善することで、肌荒れを改善する方法や肌荒れの予防方法をご紹介します。

 

食べたものを身体が吸収して私の身体は作られています。ですので、肌にも影響があるため、食生活が乱れると肌が荒れやすくなります。

ですので、ケアをしても、なかなか肌荒れが改善しない場合は、一度普段の食事を見直してみることをオススメします。

★肌の代謝回転は食事改善から

お肌の生まれ変わりがうまくいかないと肌荒れを起こしやすくなります。肌の生まれ変わりを正常に戻すことにより、肌荒れを改善することが期待できます。

肌の細胞はたんぱく質でできているため、不足すると新しく肌の細胞をうまく作ることができず、肌の生まれ変わりが遅くなってしまいます。

肌の生まれ変わりを正常行うためには、亜鉛が必要です。

亜鉛は、身体の中で作ることができない栄養素なので、食事などで摂取する必要があります。

腸内の環境をよくしよう

腸内の環境が悪くなると、排泄物や老廃物をうまく外に出すことができません。こういった腐敗産物が腸内に留まってしまうと、体内に吸収されてしまうことが原因で肌荒れに繋がります。

また、腸内の環境が悪いと腐敗産物が吸収され、必要な栄養素はうまく吸収できなくなります。

そのため、不要なもの吸収してしまい肌荒れを起こし、さらに栄養不足の状態に陥ってしまいます。

血行促進で肌荒れが良くなる!?

血行を良くすることで身体中に栄養素を運ぶことができたり、老廃物の処理もうまくいきます。ですので、肌の生まれ変わりがうまくいき、顔色もよくなります。

 

血行が悪いと身体の隅々まで必要な栄養素を届けることができなかったり、老廃物を回収して適切に処理したりすることができなくなってしまいます。

肌あれを悪化させる食べ物を知っておこう

食べ物は、体調だけでなく、肌あれにも大きく関わってくることは、先程ご説明しました。

では、普段の食事をどのように改善していけばいいかご紹介します。

 

肌荒れや体調を良くするために、摂取しない方がいい食材をみていきましょう。

脂質・糖質の摂る量に注意

脂質や糖質の摂取量が多いとダイエットに良くないのは有名な話ですが、肌荒れにもいい影響を与えません。

とくに、ファストフードなどは酸化した油が多く含まれているので、皮脂の分泌量が上がりますので、要注意です。

 

・甘い食べ物(お菓子やスイーツ)

お菓子やスイーツには、たくさんの糖質が含まれています。

これらをよく食べる習慣がついていると、ニキビがなかなか治らなくなります。

 

肌荒れの中で、ニキビが気になる人は、お菓子やスイーツの甘いものの摂りすぎに気をつけましょう。砂糖の摂りすぎは、肌荒れだけでなく、体調も壊しかねません。

・嗜好品、刺激物の摂取はほどほどに

辛いものやカフェインなどの刺激、タバコやアルコールなどの嗜好品の摂りすぎも、肌荒れを引き起こしやすくなります。

少しず摂取量を減らしていき様子をみていきましょう。

偏った食事を見直そう

栄養不足の原因として、いつも同じものばかり食べたり、野菜をあまり食べないなどがあり、肌にいい影響がなく、肌荒れを起こしやすくなります。

 

ビタミンや食物繊維が含まれている野菜は、栄養素がたくさん含まれているので、肌荒れを改善することができます。

 

毎日の食事で野菜をちゃんと摂り、バランスのいい食事を心がけるだけで、キレイな肌や健康な身体を手に入れることができるようになります。

肌荒れに効く野菜とは?

毎日の食事の時にどういった食材、食べ方をすれば、肌荒れを治しキレイな肌を維持しやすくなるかご紹介します。

 

ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンC、食物繊維、タンパク質をの栄養素をバランスよく摂取すると、肌荒れやニキビに効果があります。

抗炎症作用を持つビタミンB、ビタミンCは、肌の炎症を和らげてくれ、食物繊維は腸内の環境を良くしてくれます。

肌の乾燥が気になる場合は、ナッツ類や魚などの酸化していない油を摂ることで改善させることができます。

・野菜を多めに摂ろう

野菜にはたくさんの栄養素が含まれているため、毎日の食事に積極的に取り入れていくと、肌荒れが改善しやすい上に、健康的にもなれます。

ここからは、野菜別にどういった効果が期待できるかご説明していきます。

【かぼちゃ】

抗酸化作用が高く、ビタミンが豊富に、含まれているため、肌のターンオーバーや血の流れを良くします。

【パプリカ】

ビタミンCが豊富

【小松菜】

ビタミンやβカロテン、コラーゲンを作る成分のプロリン等を含む

【トマト】

肌のターンオーバーを促進し、肌の色を良くするリコピンが含まれる。

 

今回ご紹介した野菜の他にも栄養素が豊富なものもあります。

毎日の食事に積極的にサラダを増やすなどして、食生活を見直すことで、肌荒れの改善が見込めます。

今回は、肌荒れを治すには野菜を食べようをご紹介しましたが、いかがでしたか?

いままで、ケアなどしても、肌荒れが治らなかった人は、毎日の食事に積極的に野菜を取り入れることにより改善する可能性があります。

野菜を多めに摂ることは、肌荒れだけでなく健康的な身体にもなりますので、是非試してみてください。


関連記事